高級チョコレート


もうすぐバレンタインデーハートたち(複数ハート)結婚する前には主人にゴディバの高級チョコレートを贈ったり、手作りのトリュフチョコレートを作って贈ったりしました。が、夫の年齢も40代に入りいまやプチメタボあせあせ(飛び散る汗)です、今年はダイエット進行中のためチョコレートは贈らないことにしました。
贈らないことが私から夫への愛情黒ハートだと思ってねexclamation健康第一ですから。

娘は、子ども達の中で流行っている『友チョコ』(女の子の友達同士でチョコレートを交換すること)をするそうです。上げたりもらったりすることも楽しそうですが、チョコレートを作るという事が一番楽しみなようです。

スーパーでもバレンタインチョコレートの特設コーナーが設けられていろいろなメーカーのチョコレートが売られていました。
最近は1粒で300円目の高級チョコレートを贈るためだけではなく、自分のために買って楽しむ人も増えてきているんだそうですぴかぴか(新しい)

パリで毎年開かれるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」は世界5カ国で開かれているそうです。日本でも2月の中旬まで全国7店舗で開かれています。
ここでは、普段なかなか日本では買えないチョコレートブランドの人気があって、長蛇の列になる人気店もあるそうですグッド(上向き矢印)

「ショコラブティック」も人気グッド(上向き矢印) 
「アニヴェルセル表参道・ショコラ」最高品質カカオ豆で作られた、職人技の贅沢なチョコレートが並んでいます。
リーガロイヤルホテル(大阪)「ショコラブティック レクラ」“ L’eclat(レクラ) ”は、フランス語で「輝き」という意味。その名の通り、色鮮やかでかわいく目で見て楽しめる形のチョコレートが並んでいます。

ホテルに併設された「ショコラブティック」も人気。自分のオフィスの近くにお気に入りの「ショコラブティック」を見つけ自分へのご褒美にと思う時に購入しても楽しそうです。ひと時でもセレブ気分ぴかぴか(新しい)にひたってみてはわーい(嬉しい顔)

子どもたちは高級なチョコレートの味を分かってもらえそうもないので、私もこっそり自分用に買ってみたいなかわいい


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。