大掃除


師走に入り、毎日なんとなく忙しいダッシュ(走り出すさま)でも新しい年に向けてお家の中はきれいぴかぴか(新しい)大掃除をして、新しい年を迎えたいものですグッド(上向き矢印)

大掃除はきれいにぴかぴか(新しい)手早く終わらせてしまいたいですね。


大掃除のプチ情報

○冷蔵庫の下
めったに掃除をしない冷蔵庫の下には、はき古したストッキングを棒状のものや針金ハンガーにはかせて冷蔵庫の下を掃除します。
静電気でほこりが吸いつきます。

○窓ガラス
新聞紙を湿らせ窓ガラスをふきます、次に乾いた新聞紙で窓ガラスを乾拭きします。新聞の油分で汚れが付きにくくなります。

○網戸
網戸は付けたまま、内側から段ボールを貼ります。外から掃除機で吸えば家の中にほこりも入らず、ノズルと網戸の網が密着するので簡単にほこりが吸い取れます。

○玄関
玄関のたたきに水気を絞った茶がらをまきます。そのまましばらくおき、ほうきではきます。
茶がらはほこりや土を吸い取り簡単にきれいになるのです。茶がらはあればジャスミン茶などの茶がらを使えば、玄関にほのかに香りが残り良いですよ。

○シール・テープ
ガラスやドア・クロスなど水にぬらしても大丈夫な所にはったシールであれば、家庭用の中性洗剤をスポンジに付けてシール部分にたっぷりつけます。そこをサランラップで覆って10〜20分おきます。
シールはがしが簡単にできます。後で変色しないように水ぶきも忘れずにしましょう。

他にもキッチンやトイレなどまだまだ掃除をするところはたくさんあります。
キッチンの換気扇やコンロの油汚れは、つけ置き荒いがおススメ。水よりもぬるま湯でつけ置きしておけば、それほど力を入れて磨かなくてもきれいに落ちます。

掃除のほこりは上から下へと落ちるものです。そうじは「高いところから低いところへ」と掃除をすることが大切。せっかくきれいにした所を汚さないためにも、はき掃除・ふき掃除は奥から手前。そうじをするときは後ろへ下がりながらがです。

一日ですべての場所を掃除するのは大変なこと、何日かに分けてお父さんやお子さんにも分担して手伝ってもらって家族みんなで大掃除をすれば時間も、お母さんの負担も楽になりますね。

さぁ〜私も今週末から始めるとするかわーい(嬉しい顔)手(グー)
タグ:大掃除
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。